市民税は図書費。図書館は本棚。

本は図書館で借りて読みます。専門書や長期に渡って手元に置いておきたい本、図書館に無いけど読みたい本は購入しますが、図書館にある本で大体事足ります。

私が住んでいる町の図書館の蔵書数はおよそ65万冊。
それだけあれば十分でしょう?(笑)

市民税は図書費で、図書館は大きな本棚。
インターネットで予約して、受け取りにいったついでに他の本も借りるのが私のスタイルです。

さて、今回借りた林修の『いつやるか?今でしょ/今すぐできる45の自分改造術!』は気付きが沢山ありました。仕事で林修の書籍に触れる機会があり、流行語にもなった「いつやるか?今でしょ」がタイトルの本を読んだのですが、東進ハイスクール予備校の現代文講師だけあり読みやすかったです。それこそ大学受験真っただ中の人が読んでもいいですが、社会人10年以上やっている私でもハッと気付いたり、痛いとこ突かれることが多かったですね。(苦笑)

私は絵を描いたり空想が得意な、いわゆる芸術家タイプ。物事は「直感」で判断。将来のことなんて、その時にならないとわかりません。しかし林先生は私と違って論理的に物事を考える人。この論理的にというのが私にとっては非常に目新しく「なるほど!」「そういうことか!」と気付きの連続。

もう返却しないといけないのですが、もう一度読みたい本です。